おうちでもできる21世紀型会議1
先生たちは忙しい。そんな忙しい先生たちと会議を行う際、何を使って議事録をとっていますか?
議事録作成にはGoogle Docsを使いましょう。これを使えば、効果的な会議を運営することができます。また、カリキュラムライティングやルーブリックの作成をする時にも、教員間での協同作業がスムーズに進みます。
「昨年度はどんな決定をしたっけ?」なんていう物忘れとはもうオサラバ。このワークショップではGoogle Docsを使った効果的な会議運営について学ぶことができます。
このページではGoogle Docsの使い方について簡単に説明します。

 

使用URL:
アジェンダ/議事録
音読ルーブリック
Google Hungout

発表で使用したプレゼンテーションスライド

 

1. 出席者を会議に遅らせないために
●Google Calendarを使いましょう。
・予定をメンバーと共有することができます。
・メールや、ポップアップで時間前に会議への参加を促してくれます。

2. アジェンダを決めておく
●Google Docsを使いましょう
・事前に議題を知らせておきましょう。
・議題に対しコメントをしてもらい、会議をスムーズに進められるようにしましょう。
・議題は簡単な箇条書きでも構いません。

3. 時間はできるだけ短く
・会議の時間を短くするために事前/事後にコメントをしてもらいましょう。
・議題に関わる案件はメールに頼らず、Google Docs上で議論しましょう。

4. ポジティブに
・コメントは出来るだけポジティブに行うことを心がけましょう。
・Google Docsだけでは、相手の顔が見えません。
・円滑な意思疎通を図るために、相手への意識を高く持ってコメントするようにしましょう。

5. 議事録を残す
●Google Docsを使いましょう
・会議当日は、用意したアジェンダをそのまま議事録として使いましょう。
・ファイル名は、会議の日にち以外に、会議のメインテーマを記しておくと良いでしょう。
・議事録は、スクリーンに投影しながら取りましょう。

6. 会議後の進捗管理をする
・会議が終わったら、議事録を整理しましょう。
・議事録整理が終わったら、共有しているメンバーにメールで配信しましょう。

 

実際にアジェンダ/議事録を管理してみましょう!!
発表では、Google Calendar、Google Docsの使い方をご説明しました。

Google Calendar

  1. ログイン
  2. 新規予定を作成
  3. 予定を編集する方法
  4. 共有しよう
  5. 共有者にメール

Google Docs

  1. ログイン
  2. 新規ファイルを作成
  3. ファイルを編集する方法
  4. 共有しよう
  5. ファイルをリンクを知っている全員に公開する方法
  6. 共同編集者にメールする方法
  7. 複数名で会議しながら共同編集する方法

 

発表ではルーブリック協同作成に便利なスプレッドシートの使い方をご紹介しました。

Google Spreadsheet

  1. ログイン
  2. 新規ファイルを作成
  3. ファイルを編集する方法
  4. 共有しよう
  5. ファイルをリンクを知っている全員に公開する方法
  6. 共同編集者にメールする方法
  7. 複数名で会議しながら共同編集する方法

参考URL: 「失敗しない会議の進め方」を注目のスタートアップ起業家に教わろう


0 thoughts on “おうちでもできる21世紀型会議”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Posts

blog

こどもブログを作るためのヒント

  子供にブログを作らせる前に知っておきたいことでは、ブログの功罪について知ることができました。 ウェブとの連携が必須の21世紀型教育に欠かせないツール、ブログを子供たちが作るためにはどうしたら良いのでしょう? ここで、5つの方法をご紹介します。 ■1: 自宅サーバーを立てる これは難易度が高いです。サーバー構築が簡単になってきたといっても、気軽にできるものではありません。「ブログ サーバー 構築」でググってみてもやっぱり難しいですね。私の学校でも使用されているMac OS X Serverは比較的扱いやすく、Wikiサーバーもはじめから用意されているので、これを使うのはよいかもしれません。iOSとの親和性も抜群なので、私としてはこの方法が一番好きです。   ■2: 外部ブログを利用する BloggerやTumblrに代表されるブログサービスは簡単にアカウントを作ることができ、作品の公開も容易です。しかし問題は、例えプライベートモードに設定しても、アカウントを持っている本人がその設定を変えてしまえばたちまちすべてが公開されてしまう危険性があることです。保護者がいくら管理を徹底したとしても、その可能性をゼロにすることは難しいのです。   ■3: SNSを利用する FacebookやTwitterは、たくさんのお父さんお母さんに使われているソーシャルネットワーキングサイトです。このサイトの利便性は、どのような投稿がアップデートされたか自分のニュースフィード内で簡単に確認できることです。しかしこれも上記のようにプライバシーの設定をアカウント主である子供の手で簡単に変更できてしまいます。そもそもFacebookもTwitterも13歳未満の子供はアカウントを作成することができません。(既に作ってしまっている子供たちが多いのは事実なのに、教育現場で正しい使い方を教えていないということは大変危険なことなのですが。。。)   ■4: 自分でSNSを作る WordPressを使えば、自分でソーシャルネットワーキングサイトを作ることができます。WordPressにBuddyPressをインストールすることで、SNSを構築できますが、やはり手間と時間がかかります。日本語で詳しく説明されているサイトもあるので、こちらを参考にするのが良いかもしれません。参照:Webクリエイターボックス   ■5: こどもブログサイトを使う EdublogとKidblogという最高のサービスがあります。残念ながらまだこのような日本語版の「こどもブログ」のサービスは存在していません。ですから、英語のサイトを使用しなくてはならなくなります。しかし、このサービス、子供たちに安全にしかも簡単にブログ環境を与えることの出来る唯一のサービスなのです。   子供にブログを作らせる前の予備知識が備わったところで、【おススメ】ブログサイトを詳しくご紹介しましょう! お父さんお母さん、英語のサイトに挑戦して、楽しいブログ環境を構築しようではありませんか。

未分類

【教員研修会】TIOMホスト校募集中

ASCDというアメリカ最大の民間教育団体の日本支部の委員を、完全ボランティアでやらせてもらっています。私の担当は、「ここで学んだことを自分のところに持って帰って月曜に使っちゃおうじゃないか」っていう趣旨の教員研修TIOMの運営です。 先生同士の結びつきを深める座談会的な要素が強く、日本のいわゆる授業研究発表会とは全く違った趣を持っているのが特徴的です。6年目を迎えるこのイベントは年々規模が拡大し、毎年100人を超える参加者にお越しいただいています。 今年は本校西町インターナショナルスクールでの開催で、4月27日(土)に開催されます。まだ1ヶ月以上先であるにも関わらず、申し込みが既に80名を超えてしまいました。 現在、来年度(2013年8月以降)のイベントホスト校を探しているところです。日本の教育関係者で興味のある学校はないものかしらと考えています。ご興味のある方、ご連絡お待ちしております!

未分類

Japan ASCD Try IT On Monday 2015

いよいよ明日、Japan ASCD Try IT On Monday 2015が西町インターナショナルスクールにて開催されます。 テーマは「Gamification」。ゲーム性を取り入れた様々な授業アイディアを、インターナショナルスクールの先生方が共有します。 子供たちのデモ授業「Minecraft Class Demonstration by Nishimachi Kids」では、MinecraftEduを使ってエベレストからの脱出に挑みます。子供たちだけで行うこの授業、必見です!