blog

TIOM in Japanese 2017 開催

今年のTIOMには、35名の参加者が集まり、マインクラフトの教育利用について話し合いました。最初のセッションでは、日本マイクロソフト株式会社 パブリックセクター統括本部 文教本部 ティーチャーエンゲージメントマネージャーの原田英典氏に、「マインクラフト教育版とプログラミング的思考の学習」のご講義をいただきました。 インターナショナルスクールでは早くからアクティブラーニングを取り入れ、生徒が主体的に学べる学習環境作りに力を注いできました。ですから、集まった参加者の関心は、マインクラフトをどのように自律学習に活かしていくかに集まっていました。下記は、Lecture 1 行われたディスカッション「教育用マインクラフトを使うことによる学習への影響」のメモです。 教室でマインクラフトを使うことによる効果 ・生徒主体 ・クリエイティブ ・イマジネーション ・共同的で対話的で深い学びに直結する ・予測不能な未来に必要な能力の育成につながる(クリエイティビティ) ・コーディングを学ぶ(エージェントを制御する際の繰り返しなど) ・プログラミングの学習に使える ・高いモチベーションをベースに適応能力が伸びる ・マインクラフトの活動をテーマに会話への意欲が向上する ・完成物をイメージしてプログラミングできる(完成物をイメージしやすい) ・コンピューテーショナルシンキング(ロジカルシンキング、プランニング) 教室でマインクラフトを使うことによる悪影響 ・目的がない⇨教員が設定しなければいけない ・教員が目的を設定すると⇨メリットが失われる ・没頭しすぎてしまう ・現実の世界で必要な苦労を見過ごしてしまう ・仮想空間の人になってしまう ・教育上モンスターとどう付き合うか ・コミュニケーションは活発になるが、言語能力の正確性がおろそかになる メモを見る限り、主体的な学習を促すことのできる教育版マインクラフトに、好感を持っている方が多かったように思います。インターナショナルスクールの教室で、マインクラフトを教育利用する下地は出来上がってきているようです。 続いて、Lecture 2 では、私が、「マインクラフトで言語学習」の講義を行いました。こちらでは、マインクラフトを言語学習のツールとして使う際にどんなメリットがあるかをお伝えしました。学習効果は以下の通りです。 効果1 ・リアルな文脈の中で課題解決 ・探求型学習 ・マインクラフトの世界の中で、教科書を通して学んだ知識やスキルを活用することにより、言語による思考力・判断力・表現力を養う。 Read more…

By Kiyotaka Horii, ago
blog

マインクラフトで言語学習ができるのか?

「果たしてマインクラフトで言語学習ができるのか?」 多くの方が疑問に思うことだと思います。その疑問に答えるために、オンライン会話レッスンに視点を置き、まず「なぜスカイプか?」を考えたいと思います。スカイプを使ったオンライン会話レッスンの利点は以下の通りです。 時間効率 ネットとコンピューターがあればいつでもどこでも学習できる。 俊敏 オーディオ、ビデオ、プレゼンテーション等の教材を瞬時に転送できる。 安価 交通費がかからない。 反復 チャットのログや、スクリーンの録画により、反復学習ができる。 このように、スカイプで言語学習をすることは利点が多いことがわかります。2015年頃からオンライン英会話のサービスが増えてきたのも上記の理由からでしょう。しかし、スカイプだけで言語学習を行うと、タイムリミットに制約され、沢山話そうと気負うことにより、終始対面しなければならないといった、問題が出てきます。これは多くの生徒さんにとってストレスになりますね。実際に私も仏語会話のオンラインレッスンを受講したことがありますが、思った以上に疲れたことを覚えています。 それから、私がスカイプのレッスンに大きな問題を感じているのは、「1時間の会話の中にリアルな文脈が生まれない。」ことにあります。教科書などを通して学んだ知識やスキルを、オンラインの会話だけでは活用することができないのです。言語は道具として活用してこそ意味があるのに、スカイプを通した会話だけでは、言葉を活用している実感は湧きません。 そこでマインクラフトです。 「なぜマイクラか?」 スカイプ+α マインクラフトを挟むことにより、常時対面をしなければならない緊張感から解放され、小さな間違いを気にせずに話を進めていくことができる。 課題解決(探求型学習) リアルな文脈を持った課題解決型学習を仮想空間で行うことで、言語学習活動【対話】【問題提起】【情報活用】【考察】【アクション】を行い、思考力・判断力・表現力を養うことができる。 みんな大好き! 子供から大人までみんなに受け入れられているマインクラフトです。これを取り入れない理由はない。 一番のポイントはやはりリアルな文脈の中で課題解決を行う探求型学習を提供できることでしょう。実技の授業と呼んだらいいでしょうか。マインクラフトの世界の中で、教科書を通して学んだ知識やスキルを活用することにより、言語による思考力・判断力・表現力を養うことができるのです。 Minecraft Language Instituteではこれまで70名の生徒を教えてきました。生徒さんのレビューからも分かる通り、多くの人に満足してもらえている理由は、この探求型学習にあるわけです。生徒はまた、3Dの世界で、方向感覚を直感的に覚えていくことができます。右や左といった、初心者が最初に陥る混同もすぐに解決できますし、ここ/そこ/あそこなどの位置関係を表す指示詞を覚えることも容易です。マインクラフトは、平面的になってしまうオンラインレッスンに、立体的な明るさをもたらしてくれる救世主と言えるでしょう。 「マインクラフトで言語学習ができるのか?」その答えは、「できる!」です。これからも多くの学習者に、このメソッドで影響を与え続けていきたいと思います。

By Kiyotaka Horii, ago
Minecraft

SDGs 「”めざせ未来のユーチューバー!”-マインクラフトで未来の街を造ろう!-」

2017年度のスーパーサイエンスキッズ・アカデミーのテーマは「”めざせ未来のユーチューバー!”-マインクラフトで未来の街を造ろう!-」です。1学期目はScratch、ドローンを通じてAIについて学び、SDGs持続可能な開発目標について調べ学習を行いました。子供達は持続可能な理想の社会について考え、SDGsのどの目標が達成できるか模索しました。SDGsのそれぞれのゴールは明確でカリキュラムの中に導入しやすいのが特長です。2学期にはこれらの目標をもとにマイクラタウンを作り始めます。どんな建造物が登場するのか、今からとても楽しみにしています。

By Kiyotaka Horii, ago
Minecraft

サマースクールでマインクラフト

サマースクール無事終了しました。今年度はMinecraft Education Editionを導入し、35人の生徒を指導しました。他の教員にもClassroom Modeやコマンドの使用を促し、快適にクラス運営をすることができました。今年はマイクラのイメージをサマースクールのポスターに取り入れたことで、大きな反響を得て、大幅な参加者増(60名->80名)がありました。来年はマイクラクラスを増やし、さらに多くの参加者を募る予定です。教員マイクラ研修の必要性をひしひしと感じています。

By Kiyotaka Horii, ago
blog

Meetup!!

   For the Minecraft lovers We are going to have a Meetup in the minecraft world (REALMS). Anyone can join this session and enjoy conversations in Japanese with Senseis. Schedule will be announced on the Read more…

By Kiyotaka Horii, ago