スクリーンショット 2016-07-09 10.15.33 PM

本日、マイクラ日本語授業の第1号生徒とレッスンを行いました。スロベニアの大学で経済学を学ぶ学生さんです。まず「自己紹介」を行い、簡単な質問を通して「日本語レベルチェック」をしました。

アニメ、ゲームからたくさんの語彙を学んだ生徒さん。ヒアリングの力がとても強く、こちらの言っていることがゆっくりであればほぼ全て理解してくれました。

「数詞」「奇数偶数」について、会話の中で学んでいき、「建設する建物」について話し合う中で、それにまつわる語彙をたくさん学びました。

まずピラミッドを建設し、縦横奇数の数のブロックで四角を作りどんどん体積を増やしていきました。時間が余ったので浅草について学び、平面の雷門を作りました。生徒さん、これで雷の漢字を忘れませんと大喜びしてくれました。

あっという間の1時間レッスン。大変中身の濃い学習になりました。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


Related Posts

Japanese Lesson

Minecraft Japanese Learning -Beginner Plan-

4 Times Lesson ( 2 with Teacher, 2 with Assistant Teacher ) +Teacher schedule +Assistant Teacher schedule Studying Tools 1. Textbook : Genki 1, Genki 2 and Genki workbooks 2. Minecraft : Installing guidance will Read more…

Minecraft

SDGs 「”めざせ未来のユーチューバー!”-マインクラフトで未来の街を造ろう!-」

2017年度のスーパーサイエンスキッズ・アカデミーのテーマは「”めざせ未来のユーチューバー!”-マインクラフトで未来の街を造ろう!-」です。1学期目はScratch、ドローンを通じてAIについて学び、SDGs持続可能な開発目標について調べ学習を行いました。子供達は持続可能な理想の社会について考え、SDGsのどの目標が達成できるか模索しました。SDGsのそれぞれのゴールは明確でカリキュラムの中に導入しやすいのが特長です。2学期にはこれらの目標をもとにマイクラタウンを作り始めます。どんな建造物が登場するのか、今からとても楽しみにしています。 Related

Minecraft

サマースクールでマインクラフト

サマースクール無事終了しました。今年度はMinecraft Education Editionを導入し、35人の生徒を指導しました。他の教員にもClassroom Modeやコマンドの使用を促し、快適にクラス運営をすることができました。今年はマイクラのイメージをサマースクールのポスターに取り入れたことで、大きな反響を得て、大幅な参加者増(60名->80名)がありました。来年はマイクラクラスを増やし、さらに多くの参加者を募る予定です。教員マイクラ研修の必要性をひしひしと感じています。 Related

%d bloggers like this: