Our Method

Reading & Writing

Using textbook to study grammar.

Minecraft

Providing inquiry based learning.

Speaking & Listning

Enjoying discussion and presentations.

About us;
Minecraft Japanese Language Institute is a school that provides Game Based Learning. We are designing Differentiated-Assignments to every students. We differentiate the goal and task depending on the student’s Japanese level.

Our Teaching Method;
Using Minecraft as a platform. The language proficiency levels are adjustable. We can also find best textbook that will be suitable for you. Recommended textbook for the beginner and intermediate is Genki 1 and Genki 2. After Genki textbooks, we will use JLPT (Japanese-Language Proficiency Test – 日本語能力試験) textbook and prepare for the test. We will work to maximize your learning and achievement through the use of minecraft.

This method provides students enjoyable and sustainable language learning experience. First of all, no tears. Students can enjoy to finish their assignment. We provide stress free language conversation lesson with minecraft. Some students don’t like to be in the situation that we have to face-to-face all the time for 60 minutes, but we don’t need to.

*For the payment information, please see italki site.

 

CONTACT US

Sensei(s)

Kio-sensei

Kio-sensei

Japanese Teacher

Head of Minecraft Language Institute.

Hikari-sensei

Hikari-sensei

Japanese Teacher

Brilliant Assistant of Minecraft Language Institute

Anna-sensei

Anna-sensei

Swedish Teacher

Professional Swedish Teacher

Miki-sensei

Miki-sensei

Japanese / English Teacher

Brilliant Assistant of Minecraft Language Institute

Lesson Reviews

M.A

M.A

10 years old

‘My 10yr old daughter really enjoys her lessons. She’s moving so quickly with this style and format – and she looks forward to playing Minecraft. She practiced greetings, time, numbers (1-99), and directions.’

T.F.

T.F.

25 years old

‘Usually “conversation classes” are too formulaic: How was your day? How is the weather? What food do you like? This results in memorization of phrases. Minecraft is not a gimmick. The context of the sandbox environment prompts the student to form sentences and conjugate verbs on-the-fly.’

S.G

S.G

26 years old

‘I really enjoyed the trial lesson, I can’t wait for the next one! Sensei was super nice and easy to talk to. I really liked how minecraft was incorporated into the lesson, I often feel nervous when I speak Japanese but being able to play minecraft helped ease some of my inhibitions ‘

News

Try IT On Monday 2018 開催

「Try IT On Monday 2018 at Microsoft Japan」ご案内 Try IT On Monday(TIOM)は、世界最大の民間教育団体ASCDの日本支部Japan ASCDによって運営されてきた参加型教員研修会です。今年度、10年目を迎えるに当たり、TIOMは独立したイベントとして再出発します。新生第1回目となる今回のTIOMは「世界で行われている探求型学習」に着目します。 探求型学習とは生徒が疑問や問題に直面することで、自発的に解決法を探したり、考え出したりするプロセスの中で思考力、判断力、表現力を身につける学習法です。 このイベントでは、日本国内外の学校の探求型学習におけるICTの導入事例から学びます。ここで学んだことを、次の月曜日に使ってみようというコンセプトを持っており、ハンズオン型のワークショップを教員の手で実践します。教員同士のコラボレーションで、「面白い」「使える」「考えさせる」アイディアを探ります。ぜひ気軽にあったら良いなを、探しに来てください。 EdTechイベント「Try IT On Monday」は参加費無料、ランチ無料、限定100席、大人気の参加型イベントです。お申し込みはお早めに。 日時 : 2018年12月15日(土) 9:00開会 主催 : TIOM運営委員会 開催地 : 日本マイクロソフト 住所 : 〒108-0075 東京都港区港南2丁目16−3 品川グランドセントラルタワー 申込みフォーム Read more…

今年も開催「WWFジャパン森林えほんコンテスト」

今年度も開催します。「WWFジャパン森林えほんコンテスト」。 今年で四回目となるこのイベントは、年々参加校と応募総数の増えている人気の学習カリキュラムです。良質なカリキュラムの例として、多く学校の方に喜ばれています。国語、理科、社会、英語などの授業に取り入れることが可能で、学校の授業に合わせた改変が可能な授業デザインがされています。今年度の応募締切は11月22日。皆様の学校でもぜひ取り組んでいただきたい学習活動です。詳しくは下記リンクとスライドを御覧ください。 モゥリィワールド! http://www.team-morrie.com/shinrin-ehon/index.html

日本私立小学校連合会 全国教員夏季研修会にて、「ICTを活用した、現実的な課題に挑戦する授業デザイン」の講演。

2018年8月21日(火)、日本私立小学校連合会全国教員夏季研修会にて、「ICTを活用した、現実的な課題に挑戦する授業デザイン」の講演をしました。こちらの講演では、Understanding by Design(UbD)のお話をしました。良質なカリキュラムをデザインするための下記の注意事項を説明し、その後、UbDで設計された実例として、「WWFジャパン森林えほんコンテスト」と「マインクラフト in 日本語クラス」をご紹介しました。 第1段階 「求められている結果」 ゴール 永続的な理解 (重大な概念は何か?) 本質的な問い (どのような刺激が、探究心をくすぐるか) 第2段階 「評価のための証拠」 パフォーマンス課題 他の証拠(小テスト・観察・宿題) 第3段階 「学習計画」 Where What, どこへ? 何が期待されているか? Hook, Hold, 惹きつけ 関心の維持 Equip、Experience, Explore, 用意、経験、探求 Rethink, Revive, 再考、修正 Evaluate, 自己評価 Tailor, 個性化(ディファレンシエーション) Organize, 授業の構成、組織 パフォーマンス課題作成(GRASPS ゴール・役割・オーディエンス・状況・成果物・スタンダード) 参照)ASCDジェイ・マックタイ、グラント・ウィギンス“理解をもたらすカリキュラム設計“ 明治図書 西岡 加名恵“「逆向き設計」で確かな学力を保障する“

%d bloggers like this: