blog

【臨時休校】ディスタンスラーニング ITを使わないアイディア

遠隔授業では、かなり長い時間、コンピューターに向かって学習をすることになってしまいます。そこで下記のようなことも、ディスタンスラーニングの方法として推奨をしていますよ。 身の回りから素材を発見し、家族に伝えるストーリーをつくる。 内側と外側のパターンを見つける。 レシピを探して料理をする。 妹や弟への読み聞かせをする。 作家になって、本を書き始める。 あなたの内なるアーティスト魂を引き出す。 瞑想する。 自宅で見つけた材料(段ボール、繊維、芸術/工芸品など)を使って発明しする。 その後、クラスメートと発明の写真を共有する。 それについての物語を書く。 自宅で学習をする子供達にとって、こうした時間が一番大切になってくるんですね。

blog

【臨時休校】ディスタンスラーニングで使用されるITツール

新型コロナウイルスの影響で、各インターナショナルスクールも3月いっぱい休校することになりました。アメリカンスクールでは、17ページに及ぶDistance Learningのガイドラインが関係者に配布され、休校中の学習について詳細に説明が行わられました。課題解決型・探求型の学習のデザインがされている学習環境の中で、日頃からテクノロジーを駆使している学生や教員たちにとって、この休校による影響は少ないものとみられますが、やはり初めてのことです。細かな問題点にはこれから対処していかなければなりません。ここでは、どのような遠隔授業が行われていき、どのように問題に対処していくか、考えていきたいと思います。 まず、この遠隔授業のためにどのようなツールが使われているか、いくつかの学習スキルに焦点を当ててご紹介していきましょう。 コミュニケーション ここ数年、インターナショナルスクールのLMS(学習管理システム)は、過去に使われてきたFirst ClassやFinal Siteと違い、インスタグラムやツイッターに近いSMSのようなインターフェイスを持つものが使われています。SMS世代の保護者、学生、教員からは、日常的に使える教育コミュニケーションアプリとして、評価を得ています。 小学生向け Seesaw 中高生向け Edsby プレゼンテーション 魅力的なプレゼンテーションを行う力は、学生が自信を持ってコミュニケーションをとる手助けとなります。興味深い方法で複雑な情報を伝達する力を養うために、以下のツールが使われています。 Flipgrid Screencastify Google Slide コラボレーション 学生がお互いから学び合う学習環境作りが行われたクラスでは、問題解決のための作業効率が高くなります。オンラインでのコラボレーションツールもいくつかあり、今回の遠隔授業では以下のツールが使われています。 Padlet Google Docs などなど。ITツールは他にもたくさん使われていますが、これらが代表的なものになりますね。一つ一つの使い方については、また別のポストでご紹介していきましょう。

blog

Try IT On Monday 2019 開催!

Registration is now Open!! http://tiomonday.com/registration 「Try IT On Monday 2019 at Microsoft Japan」ご案内 Try IT On Monday(TIOM)は、世界最大の民間教育団体ASCDの日本支部Japan ASCDによって運営されてきた参加型教員研修会です。10年目を迎えた昨年度より、TIOMは独立したイベントとして再出発しました。第2回目となる今回のTIOMは「気軽にテック」がテーマになります。このイベントでは、日本国内外の学校のICTの導入事例から学びます。ここで学んだことを、次の月曜日に使ってみようというコンセプトを持っており、ハンズオン型のワークショップを教員の手で実践します。教員同士のコラボレーションで、「面白い」「使える」「考えさせる」アイディアを探ります。ぜひ気軽にあったら良いなを、探しに来てください。 EdTechイベント「Try IT On Monday」は参加費無料、ランチ無料、限定100席、大人気の参加型イベントです。お申し込みはお早めに。 日時 : 2019年12月14日(土) 9:00開会 主催 : TIOM運営委員会 開催地 : 日本マイクロソフト 住所 : 〒108-0075 東京都港区港南2丁目16−3 品川グランドセントラルタワー スケジュール  8:30 – 8:55 受付  9:00 – 9:20 開会式  9:30 – 10:20 セッション 1: ワークショップ     10:20-10:40 コーヒータイム、ベンダーテーブルツアー 10:40 – 11:30 セッション 2: ワークショップ     11:30-11:50 コーヒータイム、ベンダーテーブルツアー 11:50 – 12:40 セッション 3: ワークショップ 12:40 – 13:50 ランチ(無料) 「Try IT On Monday 2019 at Microsoft Japan」 Try-It-On-Monday is an annual one-day event for technology in education organised by Japan ASCD, the biggest non-governmental educational association in the world. TIOM started as an independent event […]

Apple, Microsoft, Google, Intel
blog

” Let’s get Connected! ” – つながることで一歩踏み出す –

Google, Apple, Microsoftの第一線で活躍する教育者が一堂に会すという催しにて、発表を行いました。多様な背景を持つ人が集まったこのイベントでは、60人の方がフリップグリッドの体験をしてくれました。 Challenge, Connection, Creationをキーワードに、フリップグリッドでキャンディー紹介をしている先生方の姿は真剣でもあり、真面目で不真面目でとても楽しい活動になりました。言語を通して教室を超え、人をつなぎ、世界をつなぐ学びを体感してもらえたかと思います。 たくさんのキャンディービデオが集まりました! https://flipgrid.com/3fc20475

blog

Try IT On Monday 2018 開催

「Try IT On Monday 2018 at Microsoft Japan」ご案内 Try IT On Monday(TIOM)は、世界最大の民間教育団体ASCDの日本支部Japan ASCDによって運営されてきた参加型教員研修会です。今年度、10年目を迎えるに当たり、TIOMは独立したイベントとして再出発します。新生第1回目となる今回のTIOMは「世界で行われている探求型学習」に着目します。 探求型学習とは生徒が疑問や問題に直面することで、自発的に解決法を探したり、考え出したりするプロセスの中で思考力、判断力、表現力を身につける学習法です。 このイベントでは、日本国内外の学校の探求型学習におけるICTの導入事例から学びます。ここで学んだことを、次の月曜日に使ってみようというコンセプトを持っており、ハンズオン型のワークショップを教員の手で実践します。教員同士のコラボレーションで、「面白い」「使える」「考えさせる」アイディアを探ります。ぜひ気軽にあったら良いなを、探しに来てください。 EdTechイベント「Try IT On Monday」は参加費無料、ランチ無料、限定100席、大人気の参加型イベントです。お申し込みはお早めに。 日時 : 2018年12月15日(土) 9:00開会 主催 : TIOM運営委員会 開催地 : 日本マイクロソフト 住所 : 〒108-0075 東京都港区港南2丁目16−3 品川グランドセントラルタワー 申込みフォーム https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=PI6z5Y2Xb0Ou53nAaWl2Jb-o3YdaLgRIqkBckUSnEVBUODlURzVJUzlNNUFDVzIzUkRDSzg5WDJBWC4u スケジュール 8:30 – 8:55 受付 9:00 – 9:20 開会式 9:30 – 10:20 セッション 1: ワークショップ     10:20-10:40 コーヒータイム、ベンダーテーブルツアー 10:40 – 11:30 セッション 2: ワークショップ     11:30-11:50 コーヒータイム、ベンダーテーブルツアー 11:50 – 12:40 セッション 3: ワークショップ 12:40 – 14:20 ランチ(無料) 「Try IT On Monday 2018 at Microsoft Japan」 Try-It-On-Monday is an annual one-day event for technology in education organised by Japan ASCD, the biggest non-governmental educational association in the world. TIOM started as an independent event and […]

WWF

今年も開催「WWFジャパン森林えほんコンテスト」

今年度も開催します。「WWFジャパン森林えほんコンテスト」。 今年で四回目となるこのイベントは、年々参加校と応募総数の増えている人気の学習カリキュラムです。良質なカリキュラムの例として、多く学校の方に喜ばれています。国語、理科、社会、英語などの授業に取り入れることが可能で、学校の授業に合わせた改変が可能な授業デザインがされています。今年度の応募締切は11月22日。皆様の学校でもぜひ取り組んでいただきたい学習活動です。詳しくは下記リンクとスライドを御覧ください。 モゥリィワールド! http://www.team-morrie.com/shinrin-ehon/index.html

blog Minecraft WWF

日本私立小学校連合会 全国教員夏季研修会にて、「ICTを活用した、現実的な課題に挑戦する授業デザイン」の講演。

2018年8月21日(火)、日本私立小学校連合会全国教員夏季研修会にて、「ICTを活用した、現実的な課題に挑戦する授業デザイン」の講演をしました。こちらの講演では、Understanding by Design(UbD)のお話をしました。良質なカリキュラムをデザインするための下記の注意事項を説明し、その後、UbDで設計された実例として、「WWFジャパン森林えほんコンテスト」と「マインクラフト in 日本語クラス」をご紹介しました。 第1段階 「求められている結果」 ゴール 永続的な理解 (重大な概念は何か?) 本質的な問い (どのような刺激が、探究心をくすぐるか) 第2段階 「評価のための証拠」 パフォーマンス課題 他の証拠(小テスト・観察・宿題) 第3段階 「学習計画」 Where What, どこへ? 何が期待されているか? Hook, Hold, 惹きつけ 関心の維持 Equip、Experience, Explore, 用意、経験、探求 Rethink, Revive, 再考、修正 Evaluate, 自己評価 Tailor, 個性化(ディファレンシエーション) Organize, 授業の構成、組織 パフォーマンス課題作成(GRASPS ゴール・役割・オーディエンス・状況・成果物・スタンダード) 参照)ASCDジェイ・マックタイ、グラント・ウィギンス“理解をもたらすカリキュラム設計“ 明治図書 西岡 加名恵“「逆向き設計」で確かな学力を保障する“

blog event Minecraft

TIOM in Japanese 2017 開催

今年のTIOMには、35名の参加者が集まり、マインクラフトの教育利用について話し合いました。最初のセッションでは、日本マイクロソフト株式会社 パブリックセクター統括本部 文教本部 ティーチャーエンゲージメントマネージャーの原田英典氏に、「マインクラフト教育版とプログラミング的思考の学習」のご講義をいただきました。 インターナショナルスクールでは早くからアクティブラーニングを取り入れ、生徒が主体的に学べる学習環境作りに力を注いできました。ですから、集まった参加者の関心は、マインクラフトをどのように自律学習に活かしていくかに集まっていました。下記は、Lecture 1 行われたディスカッション「教育用マインクラフトを使うことによる学習への影響」のメモです。 教室でマインクラフトを使うことによる効果 ・生徒主体 ・クリエイティブ ・イマジネーション ・共同的で対話的で深い学びに直結する ・予測不能な未来に必要な能力の育成につながる(クリエイティビティ) ・コーディングを学ぶ(エージェントを制御する際の繰り返しなど) ・プログラミングの学習に使える ・高いモチベーションをベースに適応能力が伸びる ・マインクラフトの活動をテーマに会話への意欲が向上する ・完成物をイメージしてプログラミングできる(完成物をイメージしやすい) ・コンピューテーショナルシンキング(ロジカルシンキング、プランニング) 教室でマインクラフトを使うことによる悪影響 ・目的がない⇨教員が設定しなければいけない ・教員が目的を設定すると⇨メリットが失われる ・没頭しすぎてしまう ・現実の世界で必要な苦労を見過ごしてしまう ・仮想空間の人になってしまう ・教育上モンスターとどう付き合うか ・コミュニケーションは活発になるが、言語能力の正確性がおろそかになる メモを見る限り、主体的な学習を促すことのできる教育版マインクラフトに、好感を持っている方が多かったように思います。インターナショナルスクールの教室で、マインクラフトを教育利用する下地は出来上がってきているようです。 続いて、Lecture 2 では、私が、「マインクラフトで言語学習」の講義を行いました。こちらでは、マインクラフトを言語学習のツールとして使う際にどんなメリットがあるかをお伝えしました。学習効果は以下の通りです。 効果1 ・リアルな文脈の中で課題解決 ・探求型学習 ・マインクラフトの世界の中で、教科書を通して学んだ知識やスキルを活用することにより、言語による思考力・判断力・表現力を養う。 効果2 ・3Dの世界で、方向感覚を直感的に覚える。 ・右や左といった、初心者が最初に陥る混同もすぐに解決。 ・ここ/そこ/あそこなどの位置関係を表す指示詞を覚えることも容易。 ・マインクラフトは、平面的になりがちなクラスに、立体的な明るさをもたらしてくれる救世主と言えるでしょう。 それから、〜Try マイクラ On Monday〜と題し、ステップバイステップ形式で、教室内でのマインクラフトの使用方法を説明しました。その時使用したスライドはこのポストのページ下部でシェアしたいと思います。 TIOMはコミュニティー形成に主眼をおいた参加型の教員研修会です。講義の後は、ピザとアイスクリームが振舞われ、リラックスした雰囲気の中で、ネットワーキングが行われました。マインクラフトを月曜にやってみる!と言ってお帰りになった方も多くいらっしゃいました。 次回TIOMは春に予定しております。参加したみなさまも、惜しくも申し込みが間に合わなかったみなさまも、またのお越しをお待ちしております。   Japan ASCD Try IT On Monday in Japanese 2017 詳細 LECTURE 1 マインクラフト教育版とプログラミング的思考の学習 HIDENORI HARATA (日本マイクロソフト株式会社 パブリックセクター統括本部 文教本部 ティーチャーエンゲージメントマネージャー) プログラミングに関する学習は、世界の教育関係者の間で共通する注目の事柄のひとつであり、地域や学校、先生などにより様々な取り組み方が存在しています。 一方で、マインクラフトは子どもの社会では共通の世界となりつつあり、子どもたちが夢中になって活動するフィールドになっています。 課題を発見し、他者やテクノロジーと協同しながら解決に取り組むプログラミング学習と、自由な発想で子どもの夢を実現するマインクラフトの世界観はとても近い存在のように思います。このセッションでは、子どもが没入し意欲関心を高めて活用するマインクラフトの教育バージョンを利用し、プログラミングに関わる学習機能や活用例をご紹介したいと思います。 LECTURE 2 マインクラフトで言語学習 KIYOTAKA HORII (西町インターナショナルスクール 教諭 初等部日本語カリキュラムコーディネーター) 「果たしてマインクラフトで言語学習ができるのか?」多くの方が疑問に思うことだと思います。一番のポイントはやはりリアルな文脈の中で課題解決を行う探求型学習を提供できることでしょう。マインクラフトの世界の中では、テキストを通して学んだ知識やスキルを活用することにより、言語による思考力・判断力・表現力を養うことができるのです。このセッションでは、マインクラフトを使った言語学習の可能性についてお話しします。   

英会話レッスン

マインクラフトで英会話!

ネイティブティーチャーと英会話! 小学生から中学生のみなさんに、ゲームを使った学習(ゲームベースラーニング)で、英語のレッスンを始めました!学習プラットフォームはマインクラフトです。楽しいマイクラの世界でむりなく学習を続けることができますよ。マインクラフトの世界で、みんなのかのうせいを引き出し、ゴールに向かってがんばりましょう!「なぜマイクラか」について、くわしくはおうちの人とブログを読んでくださいね。 それでは、英語でマインクラフトの世界に行ってみよう! https://www.gsacademy.com/online/courses/game-based-learning